ニス塗りや着色する時には、私は腹部にハンドドリルで開けた穴にアルミ棒(長さ16cm位) を挿し込んで、それを持って行っています。穴は一度できれいに空けるのは難しいから、直径2mmから少しずつ大きくしながら‥。
下塗りはニススプレーを数回に分けて塗る。最初はしみ込むだけだから軽く塗り、しばらく置いてもう一度しっかり塗り、そのまま1日乾かす。 そしてサンドペーパーをかけ、またスプレーで中塗り。それを表面が滑らかになるまで繰り返す。
その時のコツとして、サンドペーパーをかけた直後は静電気のせいで削った粉が表面にくっ付いたままだから、 ティッシュなどで大まかに拭き取り、しばらくそのまま置いておく。穴を開けた厚い板を別に作っておいて、それに刺して立てた状態で。
そしてスプレーする前にもう一度ティッシュで軽く払い、息を強く吹き付けて付着している粉を吹き飛ばす。もしエアコンプレッサーがあればそのほうがいいけど。
ニスを塗った表面に指の脂が付くと、その部分の着色が変になってしまうことがあるので、なるべく触らないようにする。もし触る時には手を洗うかビニール手袋を使う。
TOPページへ クラフト製作のページへ ハンドウイルカ(A)のページへ