左の写真は削っている途中。
切り出しナイフで削り過ぎないように注意しながら少しずつ削っていく (ナイフにタコ糸を巻きつけておくと、手が痛くなりにくくて良い)。
背びれとボディの接着部分の凹んだ箇所は、U字彫刻刀を使う。
細かい隙間にはセメダイン・木工パテ(タモ)を塗り込み、乾いてからサンドペーパーを掛けて滑らかにする。
表面のサンドペーパーの荒い削り痕は、あとでニスを塗ると意外に目立ってしまうので、 #100→#120→#180→#240とだんだん細かいものにしながらていねいに滑らかにしていく。
滑らかになるまではかなり手間と時間が掛かってしまうけど、そこはひたすら丹念に‥。
TOPページへ クラフト製作のページへ ハンドウイルカ(A)のページへ