HOME
 (21) アイコンの大きさや間隔を変える方法

1) Windows98 の場合
 アイコンの大きさの変更
  デスクトップで右クリック[アクティブデスクトップ]→
 [デスクトップのカスマタイズ][デザイン]タブ→「指定する部分」[アイコン]を選択→「サイズ」の数字を変更→[OK] アイコンの間隔の変更
  同じく「指定する部分」[アイコンの間隔(横)] または
               [アイコンの間隔(縦)] を選択→
  「サイズ」の数字を変更→[OK]2)WindowsXPの場合
  デスクトップの何もない所で右クリック→[プロパティ]→[デザイン]
  タブ→[詳細設定]→「指定する部分」の∨をクリック→[アイコン]
   を選択→「サイズ」の数字を変更→[OK]→[OK]。

 その他、最大・最小化・閉じるボタンを大きくするには「指定する部分」
 で [アクティブタイトルバー] を選択。
 スクロールバーの幅を広くするには[スクロールバー]、など上のサンプル
 を見ながらいろんな設定を自分好みに変更できます。
 (22) フォルダ内の画像ファイルを全て縮小サイズで表示する方法

1) Windows98 の場合
  フォルダを右クリック→[プロパティ][縮小表示を使用]にチェック。
  フォルダを開いて[表示][縮小版]2) Windows Me・XP の場合
  フォルダを開いて[表示][縮小表示]。

 画像をいっぱい収めているフォルダなどは、この設定にしておくと一目で
 全てのファイルの内容が判って便利です。
 (23) メモ帳に日時を記入する方法

 メモ帳を開いておいて「F5」キーで日時が自動的に記入され、
  また、始めの部分に .LOG と書いておけば、ファイルを開くと自動的に
  日時が記入されます。 日記風のメモに便利かもしれません。
 (24) フォルダを開く時、別ウインドウ開く方法

 普通にフォルダを開くと、それまでのフォルダは見えなくなってしまう
  けれど、別にして開くと移動やコピーに便利です。
 [Ctrl]を押しながらダブルクリック、または [右クリック][開く]。
  ひとつ上のフォルダを別に開く場合には、[Ctrl]+ツールバーの[上へ]。
  ※ ダブルクリックをシングルクリックに設定変更している場合、
 右クリックしても「開く」が無い場合があります。それはクリックのタイ
 ミングが早過ぎるからで、選択して色が変わってから右クリックすると
 大丈夫です。
 すべてのフォルダをあらじめそのような設定にするには、
1) Windows98 の場合
 [スタート]→[設定]→[フォルダオプション][カスタム]にポイント。
 [設定][フォルダのブラウズ方法][フォルダを開くたびに新しい
 ウィンドウを作る]にポイント→[OK]→[OK]。
 この場合は逆に [Ctrl]ダブルクリックで同じウインドウで開きます。
2)WindowsXPの場合
 [スタート]→[コントロールパネル]→[デスクトップの表示とテーマ]
 →[フォルダオプション]→[フォルダを開くたびに新しいウィンドウ
 を作る]にポイント→[OK]。
 またはフォルダを開いて {ツール}→[フォルダオプション]→以下同じ。
 (25) ファイルやフォルダのプロパティを簡単に表示する方法

 [Alt]を押しながらダブルクリック。または [Alt]+[Enter]。
 [右クリック]で開くとプロパティが一番下にあるからちょっと面倒だけど、
 これなら簡単。
 (26) 辞書登録の一覧表をテキストファイルにコピーする方法

 変換する言葉を自分で登録出来る便利な辞書登録ですが、せっかく登録
 していても、使う時になってどんな言葉で登録したのか忘れてしまう
 ことがしばしば (私の場合)。
 そんな時、登録した一覧表があればすぐ調べられるので便利です。
 メモ帳で開くから文字は大きくて見やすいし。
 IMEツールバーの「単語/用例登録」(本に鉛筆のアイコン)をクリック→
 [辞書ツール]→[ツール]→[一覧の出力]「辞書の場所」欄の右側の▼をクリック→「マイドキュメント」などの
 保存場所を選択→[出力]をクリック。
 パソコンの初期化後などにそれを元に戻すには、そのファイルをフロッ
 ピーなどに保存しておき、まずマイドキュメントなどにコピーする→
 [辞書ツール]→[ツール]→[テキストファイルからの登録]→
 ファイルを指定→[開く]→[閉じる]
 (27) 複数のメールをまとめたり、広告などを削除する方法

 複数のメールをひとつにまとめるには、
 メールを複数選択する([Ctrl]を押しながらクリック・全部なら[Ctrl]+
 [A])→ツールバーの[メッセージ][まとめてデコード]→メールの
 順序を調整→[OK]。 
 そのまま保存する場合は[ファイル][名前を付けて保存]→保存場所を
 デスクトップに指定→[保存]。
 そのメールをOEに入れるならドラッグ&ドロップで目的のフォルダへ。 

 不用な部分を削除するには、文字コードを変換できるテキストエディタ
 を使えば簡単に出来ます。
 メモ帳にコピーして削除する方法もあるけど、保存が面倒だったり件名・
 送信者などが空白になってしまう。(メールの文字コードは[JIS]だけど、
 メモ帳は[Shift_JIS]専用)
  メールをデスクトップにD&D→それをテキストエディタ
 のショートカットにD&D→不用部分を削除→上書き保存
 →OEの元のフォルダにD&D。

 ヘッダー情報部分を残しておけば件名・送信者などはそのままです。
 OEに入れると元のメールと並んで表示されるので、元のメールを削除。
 デスクトップに残されたメールは削除してもいいし、バックアップとして
 保存しておいてもいいでしょう。
 ※ フリーソフトのテキストエディタでは「Tera Pad」がオススメ。
 (28) ファイル・フォルダの名前変更の方法

 [右クリック]→[名前の変更] が一般的ですが、選択して[F2]キー。
  これですぐに入力出来て、ちょっとだけ便利。
 (29) ソフトを最大画面で起動する方法

 ショートカットアイコンを右クリック→[プロバティ]→
  「実行時の大きさ」を[最大化]に変更→[OK]。
  [スタート] からの選択でも同じ要領で設定変更できます
 (30) HPの文字サイズを強制的に変更する方法

 普通は [表示]→[文字のサイズ] で変更出来ますが、最近はこの方法で
  変更できないサイトが増えてきています。
 これは作成者がスタイルシートで文字サイズを指定しているからですが、
 文字が小さくて読みづらい場合には困ってしまう。そんな時に便利です。

 [ツール]→[インターネットオプション]→全般タブの[ユーザー補助]
   →「書式設定」で[Webページで指定されたフォントサイズを使用
  しない] にチェック→[OK]→[OK]。
  これで [表示]→[文字のサイズ] で変更できるようになります。
   ただし、改行が変になってレイアウトが崩れたり、右端が切れたりする
  場合があります。

 フリーソフトを使えば右クリックから簡単に変更出来ます。
  Cronus Crown 「ちょこっと 文字サイズ」
 http://crocro.com/pc/soft/c_s_view/index.html#chokotto
 ダウンロード→解凍→フォルダ内の [installer.vbs] を開いてインス
 トール。削除もこのファイルから。

 ※ 初期設定では変更後の文字サイズが「18」になっていますが、これで
 は大き過ぎるので「16」か「15」に変更したほうがいいでしょう。
 変更方法は、フォルダ内の [size.txt] を開いて数字を書き換え→[ファ
 イル]→[上書き保存] 使い方は、ページのどこでもいいので右クリック→「ちょこっと 文字
  サイズ」を選択するだけ。これで指定の文字サイズに変更。
HOMEへ