HOME
※ もし間違いがありましたら、お手数ですがお知らせください  メール
 (1) Windowsをキー操作で終了する方法

 手前にある [Windowsマークのキー][U][Enter](XPでは[U])。
  [Alt] を押しながら [F4][Enter](XPでは[U])。
  どちらでもOK。
 [Alt]+[F4] は、開いているウインドウを閉じる時にも使えますが、
 たまに終了時のボックスがいきなり表示されることがあります。
 その時は、終了するならそのまま [Enter] を押せばいいし、
 そうでない時には、かまわず同じ操作 [Alt]+[F4] を繰り返していけば
 手前のウインドウから順番に閉じていきます。
 (2) ダブルクリックをシングルクリックに設定変更する方法
 Windows98 の場合 ‥
 [スタート][設定][フォルダオプション] または、
  [マイコンピュータ][表示][フォルダオプション] または、
  [Windowsキー][S][F] で[フォルダオプション]を開く。
  [全般]タブで [Webスタイル] に印を付ける→[OK] 別の方法は、[カスタム]に印を付け[設定]をクリック→[クリック方法]
  の[ポイントして選択し、シングルクリックで開く]にチェック→
  [OK][OK] 。

‥ WindowsXP の場合 ‥
 [スタート]→[コントロールパネル]→[デスクトップの表示とテー
   マ]→[フォルダオプション]→[クリック方法][ポイントして
   選択し、シングルクリックで開く]にチェックを入れる→[OK] 。
  またはフォルダを開いて{ツール}→[フォルダオプション]→以下同じ。
 (3) ファイルを「ごみ箱」に入れないで削除してしまう方法

 [Shift] を押しながら削除する。
  ["○○"を削除してもよろしいですか?] と表示されるので、
  [Y] を押すか [はい] をクリック。
  これはメールを削除する時にも使えます。
  削除は、[右クリック][削除]。または
    選択して [Delite] キー。または
    選択して [削除] ボタン。
  元には戻せないのでくれぐれもよく確認してから‥。
 あらかじめそのように設定してしまうには、
  [ゴミ箱]を右クリック→[プロパティ]→[ごみ箱にファイルを移動
  しないで、削除と同時にファイルを消す]にチェックを入れる→[OK]
 (4) リンク先を別ウインドウで開く方法

 リンク個所で [Shift] を押しながらクリック。または、
 [右クリック]→[新しいウインドウで開く] か
         [リンクを新しいウインドウで開く] 。
  検索エンジンの検索結果リスト画面で、リンク先を別ウインドウで開いて
 おけば、そのウインドウを閉じるだけで検索画面に戻れるから便利。
 ただしHPによっては別ウインドウで開くようにあらかじめ設定してある
 場合もあります。
 (5) HPへのショートカットアイコンを作る方法

 開いているHPのタイトルバー左端のIEアイコンを左クリックで
  デスクトップにドラッグする 画面上で右クリッリ→[ショートカットの作成]→[OK]。
  どちらでも大丈夫です。
 名前が長過ぎる場合には [右クリック][名前の変更]で判りやすい
  ものに変えておく。
 このショートカットをクリックすれば IEが自動的に起動するので、
 「お気に入り」からアクセスするより簡単。
 もしデスクトップがアイコンでいっぱいになるようなら、専用のフォル
  ダを作ってその中に入れとくといいでしょう。
 (6) メールの送受信をキー操作で行う方法

 [F5] キーを押す。
 [Ctrl]を押しながら[M]キー
 どちらでもOK。
 ダイヤルアップ接続の場合、接続画面が出ている状態で [Alt][C] で
 ダイヤルアップが開始します。
 (7) メールを開かないで開封済みにする方法

 シングルクリックで選択し、[Ctrl]+[Q] すべてを一気に開封済みにするには、[Ctrl]+[Shift]+[A]。

 いくつかを複数選択するには、[Ctrl]を押しながらメールをクリック。
 まとめて選択するには、メールをひとつ選択して [Shift]を押しながら
 [↓]・[↑]キーを押す。または、ひとつ選択して[Shift]を押しながら
 別のメールをクリックすると、その間がすべて選択される。

 不要なメールを開封せずにそのまま削除すると [削除済みアイテム] が
  太字になり、さらに数字まで表示されて目障りだから、あらかじめ開封
 済みにして削除するとスッキリ。
 もっとも、選択しておいて [Shift][Delite] で一気に完全に削除
 してしまえばその必要はないけれど。
 (8) 開いているウィンドウを一気に最小化する方法

 手前にある[Windows]マークのキーを押しながら [D] を押す。
  元に戻すときは、もう一度同じ操作をする。
 [スタート]右のクイック起動にある[デスクトップの表示]をクリック。
  WindowsXPでクイック起動を表示するには、
  [スタート]→[コントロールパネル]→[デスクトップの表示とテーマ]
   →[タスクバーとスタートメニュー]→[クイック起動を表示する]に
   チェックを入れる→[OK]
 (9) 郵便番号で住所を入力する方法

 郵便番号の始めの3ケタを全角で入力・変換すると、都道府県名と
 市区町村名が、またすべて入力すると町名まで変換候補に出てくる。
 たとえば[710]で変換すると [岡山県倉敷市]や[倉敷市]が、  また[710−0826]なら[岡山県倉敷市老松町]と。  番地までのもっと詳しい住所は右下のIMEツールバーの[単語用例登録]  から登録しておくと入力が簡単。  私は住所を[じ]、メールアドレスを[め]で登録しています。  その場合に[品詞][顔文字]にして登録すると、メールアドレスは  半角のみで登録されるので、変換する時に便利です。 ※ これは「郵便番号辞書」が有効になっていないとダメで、  右下にあるIMEツールバーのプロパティーをクリック→[辞書/学習]タブ  →[システム辞書]の中にある[郵便番号辞書]にチェックを入れる→  →[OK]
 (10) メールのサイズを表示する方法

 ‥ メールのサイズが分かれば、内容の長さが前もって判るので便利 ‥
 [表示][表示項目の設定]、または[送信者][件名]などを表示して
  いる細い欄を右クリック[表示項目の設定][サイズ]にチェックを
  入れる→[OK] 配置を変えるには、[サイズ]をクリックで選択して[上へ]・[下へ]で
  変更する→[OK][上へ]で左に移動する。
  表示幅サイズを変更するには、表示欄の仕切り線にポインタを当て、
  左右の矢印に変わったら左クリックのドラッグで変更。
HOMEへ